結婚したい!でも出会いがない!と悩んでるあなたにはじめに読んでほしい記事はココ!

結婚相談所でのお見合い体験談⑩~笑顔で話しやすい男性~

実際のお見合いの話

前回のIさんとのお見合いを早々に切り上げた私は、同じ日に続けて予定されていた次のお見合いの場所まで移動しました。

 

次のお見合い相手となるJさんも私の方からお見合い申し込みをしてOKいただいた男性でした。
自分の婚活における市場価値に見合ったゾーンに絞った婚活戦略的申し込みでお見合いに至った方でした。

 

 

市場価値に合わせて申し込んだとは言え、自分の中でJさんは今までで一番条件の良い方でした。
おそらく無理だろうと思いながら申し込んだお相手だったので、まさかお見合いOKしてもらえるとは思っていませんでした。

 

そんなJさんとの個人的に気合いの入ったお見合いでした。

 

スポンサーリンク

時間を間違えてしまう!

1回目のお見合いを終えた私は、足早に次のお見合い場所まで移動して行きました。

ちょうど10分くらい前にホテルのラウンジに着いたので、席で待とうと予約名を伝えました。

しかし、やけに予約の確認に時間がかかり、少ししてからようやく席に通されました。

 

「あれ?もしかして予約が通ってなかったのかな?」と思いながら席に座りました。

 

しばらくして時間になったのですが、お相手が来ない・・・。

なぜ?
不安が募りました。

相談所の方から何か遅延などの連絡が来ているかもしれないと思い、改めて連絡内容を確認してみると15時からだと思っていたお見合い時間が16時だったということにそこで初めて気づきました。

 

待ち合わせ時間を1時間、間違えていました!

 

席で待っていた私は非常に恥ずかしくなり、店員さんに時間を間違えたことを正直に話し、一度お店を出ることにしました。

冷静に考えてみると、本日1回目のお見合いと2時間しか間がないからキツイスケジュールだな~とおかしいなとは思っていたんですよね。

まぁ単純に私の見間違いなんですけどね。。。

気合いが空回りしてちゃんと確認できていなかったのかも知れませんね。

 

動揺した私は一旦身だしなみを整えるために入ったトイレが何と男子トイレだったのですが、出るときまでまったく気づきませんでした。

中に誰もいなくて本当によかったですが、トイレのすぐ外に立っていた女性にはかなりビックリされました・・・当然ですね。

 

お見合いが始まる前から、かなりのミスを連発してしまい、実際にお相手と会ってからまた何かやらかしてしまうのではないかとちょっと怖くなってしまいました。

 

ニコニコしていて話しやすい男性

約1時間後に再度ホテルのラウンジに戻ると、受付の店員さんが私の顔を見るなり私が何も言う前から席に通してくれました。

やはり覚えられてる!!

「はずかしい」と思いながらも、「それよりもお見合いに集中しなくては!」と気持ちを切り替えて待っていました。

 

時間ギリギリにきたJさんは、にこやかにあいさつをして「今日はお見合いの時間を取っていただきありがとうございます」と言っていました。

私の方が申し込みをした側なのに、お礼を言ってもらえるなんてとても丁寧な方だなと思いました。

 

それからしばらく飲み物を頼むのも忘れてお話をしていました。

それぐらい自然と話が始まっていて、始めの段階で私としてはとても話しやすい方だと感じました。

 

友達がちゃんといる

いろいろな話を聞いてるうちにプライベートの話しにもなったのですが、友達と出かけたり、旅行に行ったり、スノボに行ったりと楽しんでいるようでした。

自分のことをインドアだと言っていましたが、とてもそんな感じには思えないくらい、色々とアクティブにやっていて遊ぶ友達がいるんだなとわかる内容のお話ばかりでした。

また、このお見合いのあともそのまま友達と夜桜を見に出かけると話していて、プライベートが充実した方なんだなとわかりました。

 

今までお見合いをした男性達はほとんどが遊びに行くような友達がいないような人達ばかりだったので新鮮に感じました。

 

何となく突き放されている感じ

お互い会話はスムーズに進み楽しかったのですが、私にはJさんが淡々とマイペースに話しているようにも思えました。

「女性とお話するのが緊張する」とプロフィールの書いてあったのですが、その割りに淡々と話しているなぁ~と個人的に感じていました。

 

また、お見合いのあとにそのまま夜桜を見に行くJさんに

「お花見、いいですね」と言ったら
Jさんに「そうですね、来週末くらいまで見頃なんで、今度行ってみるといいですよと言われました。

 

普通の会話なんですけど、私は何となく突き放された気がしました。

 

それは今まで仮交際希望を出されたお相手にはお見合いの時に
「今度またお会いしたいです」とか
「今度はこういうところへ行きたいですね」と言われてきたからもあります。

そんな中で「行ってみるといいですよ」と言われると、まるで「誰か他の人と行ったらどう?」と言われてるみたいでした。

 

お見合いの結果は・・・?

会話は弾んだのでお見合いは1時間以上あっという間に経っていたのですが、最後に言われた言葉が引っかかってしまい、お会計の時も何だか淡々と済ませているような感じがしました。

もしかして私からのお見合いをOKしたあとに、他のもっと条件の良い女性とお見合いをしてその人に決めてるから今日のお見合いは消化試合みたいなものなのかな?

会ってみてあまり良くないと感じたのかな?

自分の中での勝手な妄想でどんどんネガティブな方に考えてしまいました。

起きていないことを考えても生産性がないこととはわかっていながらも、もやもやしてしまいました。

 

今回は難しいのかなと思いながらもお見合い後、私からは仮交際希望で返事をしておきました。

仲介役の相談所のアドバイザーさんから返ってきた返事は「お相手も同じく仮交際希望」とのこと!!

「えっ!本当に!?」

 

あの淡々とこなしているように感じたのも、突き放されているように感じたのも、全て自分が勝手な思い込みだったようです。

 

とにかく、仮交際が成立してよかったです。

次の初デートがとっても楽しみです!

 

合わせて読みたいおすすめ婚活記事はこちら!

 

 

 

コメント