結婚したい!でも出会いがない!と悩んでるあなたにはじめに読んでほしい記事はココ!

結婚相談所でのお見合い体験談⑪友人関係=コミュニケーション能力だと感じた

実際のお見合いの話

今回のお見合いのお相手は30代前半のめずらしく年下の方からの申し込みでした。
考えてみると、一番初めのお見合い以来2回目の年下の男性です。

結婚相談所のお見合い体験談①~女性からみて気になった細かい部分~
申し込みをしていただいた男性の中から、写真とプロフィールを見て会ってみたいなと思う人を選んでお見合いをOKしました。 なるべく多くの人に会ってみようというスタンスでいたので、あまりピンと来なくても最初に決めた三箇条にあてはまっていればOKすることにしました。(多少写真で選びはしましたが・・・)...

これだけでもいかに男性は年下の女性しか見ないかがわかりますね。
逆に女性は男性の年収しか見てないのと同じですね(笑)

 

今回のお相手Kさんも年下だけど、年収は300万円台とかなり低いので年上も視野に入れて申し込みをしているのだなぁ~とわかりました。

 

スポンサーリンク

プロフィールを見て感じたこと

申し込みが来たときにはじめに掲載されてる写真を見るのですが、一番最初の印象が「太ってるなぁ~」でした(笑)

結構リアルなところを言うと顔の作りや身長、髪の毛の多い少ないって遺伝の問題で本人の努力とは関係ない部分が大きいけど、太ってるって完全に本人の自己管理の甘さですよね。

だから太ってる人ってあまり私はいい印象を持たないんですよね。

もちろんそれ以上にいいところがあれば体型なんて全く気にならなくなるのですが・・・。

顔は一重できつね目、あまりいい印象の顔ではありませんでした。

 

プロフィールも大学院(しかもマーチのひとつです)まで卒業しているのですが、都内のIT企業に勤めていて年収が300万円台とちょっと違和感を覚える内容です。

「大学院までいってて、30代でなんで300万円台なんだろう??」と思ってしまいました。

婚活をしているとわかるのですが、学歴と年収って必ずしも伴わないんですよね。

選んだ業種、入った会社によって決まると言ってもいいくらいですね。

 

一番気になったのは、「今は都内に一人暮らしをしているが、いずれゆくゆくは海が近い実家に戻ってゆっくりと暮らしたいと記載されていた部分です。

 

実家に戻るつもりなのかぁ~

 

これはかなりネックになる女性多いのではないでしょうか?

ちなみにKさんは一人っ子です。

かなり女性から見たら、良く思われない要素がプロフィールから感じられました。

 

それでも会ってみて良い点があれば、と淡い期待を持ってお見合いをOKしました。

 

実際に会ってみた印象

お見合い当日、時間より早めに到着しましたが、Kさんはすでにホテルのラウンジの前に立っていました。

あいさつを済ませ、席に着きました。

 

一目会ってすぐに目に付いたのが、髪の白髪でした。

1本2本ちらほらある、という感じではなく、かなり全体的に白くなっていました。

プロフィール写真では気がつかなかったのですが、その白髪を見るととても30代前半には見えず、老けてみえるなぁ~というのが最初の印象でした。

太っているのと同じように白髪なんて染めればすぐにカバー出来るのに、なぜそういうことをしないのでしょうね?

逆に男性から見て、20代や30代前半の女性が(またそれ以上の年齢でも)白髪をそのままの状態でお見合いに来たら気になりますよね?

 

男性はどうも女性に比べ、見た目に無頓着な人が多いなといつも思いますが、Kさんにも同じように感じてしまいました。

 

会話が盛り上がらない、友人がいない

席に着いてはじめのうちは、私の方からいろいろと質問をしていって相手にしゃべってもらう形で会話が成り立っていたのですが、一度こちらからの質問をやめてみて、どういう話をするかな?と黙ってみました。

しかしこちらにほとんど質問するわけでもなく、私が答えたことに興味を持ったり、広げてみたりするわけでもなく、やはり会話は盛り上がりませんでした。

毎度のことですが、話が合うか、会話のキャッチボールが出来るかどうかをとても重要視している私としてはこれはむずかしいなと判断しました。

 

私の旅行の話になったときに
Kさん「行ってみたいところがあるんですけど、一人で行ってもあまりおもしろくないと思って行けないんです。」というので
「友達を誘って行ったらいいんじゃないですか?」と返したのですが、
Kさん「旅行に行ってくれるような友達がいないんですよね」と返答。

 

休みの日に何をしているか聞いてみたら、ゲームやったり漫画読んだりして時間をつぶしてるとのこと。

やはりあまりプライベートの友達がいないように感じました。

 

まとめ

最後の方は何だかお相手の人生相談のような会話になっていき、1時間くらい経ったのでお見合いをこちらから切り上げました。

会話を重視する私だから気がついてしまうのかもしれませんが、うまく会話が出来ない、相手の話を広げられないなど会話が盛り上がらない人ってプライベートで友達付き合いがほとんどない人と言ってもいいのかもしれません。

普段から友達付き合いのある人は、ある程度人との会話に慣れているのに加えて、どこかへ出かけた経験話や飲み会でもこんな話が出たとか、おもしろい友人の話などいろいろ話せることが増えると思うんですよね。

会話が豊富、会話のキャッチボールが出来る=友人との付き合いがある、プライベートが充実している
とも言えるのではないでしょうか。

 

もちろん一人でアクティブにいろんなところに行ってみたり、旅行に行ってる人も経験が豊富なので会話に事欠かないかと思います。

 

私みたいに会話を重要視している人ばかりではないと思いますが、相槌を打つばかりでは会話は成り立たないと思うので、話すのが苦手、何を話したら良いのかわからない、なんていう人いはお見合いでぶっつけ本番なんてことはせずに、先に交友関係を広げる努力をしてみたり、会話のネタとしていろんなことを経験してみたりいろんなお店に行ってみるのもいいかもしれないですね。

 

 

合わせて読みたいおすすめ婚活記事はこちら!

 

 

 

コメント