結婚したい!でも出会いがない!と悩んでるあなたにはじめに読んでほしい記事はココ!

仮交際、本交際(真剣交際)のデートの回数、会う頻度、期間、成婚までどのくらい?

結婚相談所

Jさんとの仮交際が始まって、3回ほどお会いしました。

私としては気持ちが前向きでいるので真剣交際に移っても良いと思っているのですが、まだその話は出ていません。

もしかしたら私が焦っているだけで、通常はもっと会う回数や期間を重ねてから真剣交際に移行するのが普通なのかもしれません。

 

そこで私がふと思ったのが、仮交際になった場合、どのくらいの期間を経て本交際(真剣交際)に移行するものなのか?ということです。

また、本交際(真剣交際)からどのくらいの期間で成婚を決めるものなのでしょうか?

 

自分のこれからの交際の進展のことも考えてとても気になったので調べてみました。

 

スポンサーリンク

そもそも「仮交際」「本交際(真剣交際)」って何?

結婚相談所で活動をしていると、「仮交際」、「本交際」という言葉が出てくるかと思います。

通常の異性との付き合いではあまりそんな言葉は聞かないですよね。

そんな「仮交際」、「本交際」の意味を先に説明します。

 

仮交際とは?

お見合いをしたあとに、お互いがまた会ってみたいとなった場合に相談所を通じて仮交際に移ります。

お互いがそれぞれの相談所に仮交際の意思を伝えて成立したら、相談所を通じて連絡先(携帯の電話番号)を交換します。

そのあとに(基本的には男性から)お相手に電話をして再度会う約束やメールやラインなどの連絡先を交換して次につなげます。

 

仮交際の場合、「交際」と名前が付いていますがそこまで本格的な交際という意味ではなく、何度かお会いしてお互いのことや結婚観、相性など確かめたり、本格的に交際をしていきたいと思えるか、確認していく期間になります。

この期間は他の会員とのお見合いや申し込み、仮交際など活動は出来ます。
つまり複数の人との仮交際が可能となります。

何人もの人と仮交際をしている人は、一人の人に絞っていく期間でもあるかもしれませんね。

そして何度か会ううちに結婚を前提に本格的に交際をしていくと決めると真剣交際に移行します。

 

真剣交際とは?

その名の通り、結婚に向けて真剣に交際をしていく期間になります。

こちらもお互いがそれぞれの相談所に真剣交際の意思を伝えると真剣交際が成立します。

真剣交際中は他の会員とお見合いをしたり、仮交際をすることは出来ません。
会員ステータスも「交際中」に代わり、写真やプロフィールも掲載されなくなり、他の人から見れないようになっています。

つまりは完全に1対1でお互いのことだけに向き合う期間になりますね。

ここの期間ではお互いに結婚のことについて話し合い、意思が固まれば成婚の意思を伝えて結婚相談所を退会します。

それを「成婚退会」と言います。

相談所によっては徹底しているところもあり、お互いの両親へのあいさつを済ませて初めて成婚退会を認めている相談所もあるくらいです。

 

仮交際、真剣交際の期間は?

それでは仮交際と真剣交際、それぞれどのくらいの期間で次の段階に進んでいるのでしょうか?

人それぞれ期間にばらつきはあると思いますが、一般的な平均の期間を調べてみました。

 

仮交際の継続期間

仮交際の場合、複数の人との交際が可能なので毎週毎週相手を変えて会っている人もいれば一人の人とだけ仮交際をしている場合は毎週会うという人もいます。

複数の人と仮交際するのは体力的にも精神的にも結構大変なことです。

私自身も相談所のアドバイザーさんから言われましたが、仮交際は3人までにしておいた方が良いです。
最初は「そうかなぁ~?少なくない??」と疑問に思っていました。
出来るだけたくさんの人と仮交際をしていい人をしっかりと探していきたいと思っていたからです。

しかし実際に仮交際が始まると3人でも大変だと感じました。

 

基本的に土日にお会いしていたのですが、3人になると土日両方会っても2人、それが毎週末になるとゆっくり出来る時間がなくなるので、体力的には結構きつく感じました。

また3人だと2週間に一度やスケジュールが合わなければ3週間に1度しかお会いしないお相手も出てきてしまうのでそういう方とはなかなか関係が進展しません。

そう考えると私の場合ですが、確かに3人が限界、2人がちょうどいいくらいでした。

 

さらに言うと、自分にとって良い相手が見つかると、もう他のお相手を真剣に見ることが出来なくなるのでそうなると2人でもちょっと面倒くさくなってきたくらいでした。

実際にJさんと仮交際を始めてからは他の仮交際相手とはなかなか会わなくなり、会ってもほとんど気持ちが入らなくなりました。

 

デートで相手が楽しくなさそうなのは他にいい人がいる場合かこちらに全く興味がないから
先日お花見に行ったHさんと2回目のデートに行くことになりました。 お花見から3週間ほど経っていて、その間に他の人とのお見合いやデートも挟んでいたためだいぶHさんへの気持ちは薄まっていました。 3週間もあいだが空いたのも、私が他のお相手との予定を優先していたためわざとあいだを開けていたのも...

 

実際の仮交際の期間でいくと、1ヶ月で真剣交際に進む人もいますが、一般的には2ヶ月くらい、長い人でも3ヶ月くらいかけて決めているようです。

回数でいくと10回くらいは会ってから真剣交際に進む人が多いようです。

 

真剣交際の期間は?

こちらも人によって成婚を決めるまでの期間はまちまちです。

しかし仮交際と決定的に違う部分があります。

それは真剣交際の場合、3ヶ月以内に結論を出すというルールです。

このルールがないと、いつまでも成婚するのかどうかを決めずダラダラと付き合ってしまう可能性があるから決めているのだと思います。

確かに真剣交際に進むかどうかよりも、成婚を決める方が、結婚をするのかどうかに直接関わってくるので、簡単には決断できないですよね。
つい先延ばしにしてしまう男性もいるかと思います。

このルールがあることによって成婚を決断させる効果があるのだと思います。
また成婚にならなかったとしてもダラダラと交際をせずに3ヶ月以内にはまた次のお相手探しに移れるので女性にとっては貴重な時間を無駄にせずに済むのです。

 

こういったルールがあることで、結婚まで最短で決めたりとスピード婚が出来るのも結婚相談所の大きな魅力の一つではないかなと思っています。

 

一番の関門は仮交際から真剣交際に進むこと

結婚相談所で活動した場合の結婚までの道のりで一番の関門が、仮交際から真剣交際に進むことだと私は思っています。

最初の第一関門はお見合いが成立することだと思うんです。

ここもお互いがマッチングしない限り、なかなかお見合いは成立しません。
なかなかお見合いが決まらない場合は、自分の狙うゾーンを変えてみたり、プロフィール内容(特に写真!)をちゃんと見直して良いものに変えてみると、案外決まったりします。

 

自分からのお見合い申し込みがなかなか決まらない時
結婚相談所や婚活サイト、はたまた恋愛アプリを使って婚活をしているとお見合いの申し込みやいいねをしてもなかなかお見合いをOKしてもらえたり、マッチングしなかったりすることがあるかと思います。 特に女性からの申し込みだとなかなか決まらないイメージが強いです。 なぜなら女性は申し込み、...
プロフィール写真は手を抜いてはダメ!スタジオで撮影しよう!
結婚相談所に入会するとたいてい各連盟が運営しているサイトにプロフィールを掲載させてもらって活動が始まります。 当然ですが、相手の顔がわかるように自分の顔写真を掲載するんですね。 いわゆるそれがプロフィール写真ですが、それ、婚活において非常に重要ポイントだと思っています。 ここを手を...

 

そのお見合いでこの人はないなと思わない限り、「一回だけだとわからないのでもう少し会ってみてから決めていきたい」と仮交際に進んで会うことが多いと思います。
そこまではわりと進むのは簡単だと思います。

お見合いはするのに仮交際にはなかなか進めない、という人はおそらくお見合いでの会話やマナーに問題がある場合がほとんどです。

もしくは見た目に問題がある場合もありますが、プロフィールを見た段階で見た目はある程度確認しているので、こちらはよっぽどプロフィール写真と剥離していた場合にはあり得ますね。

しかし仮交際から真剣交際に進む場合は、相手をその人一人に絞って、結婚に向けて真剣に考えなければならなくなります。

また真剣交際に進んだら、3ヶ月以内に成婚を決めなければならないというプレッシャーも背負うことになるので、そう考えるとかんたんに仮交際から真剣交際に進むことは難しいかなと思っています。

 

私もJさんとの仮交際を続けていて、毎週末会っています。

私としては早く真剣交際に移りたいと考えているのですが、相手がどう考えているかはわかりません。
もしかしたら他にも仮交際をしている相手がいるのかもしれないし、お見合いなどの活動も続けているかもしれません。

 

私もダラダラと仮交際を続けたいとは思っていないので、次回会ったときにさりげなく今後のことを聞いてみたり、相談所のアドバイザーにお願いして相手の活動状況を確認してもらおうと考えています。

 

 

合わせて読みたいおすすめ婚活記事はこちら!

 

 

 

コメント