結婚したい!でも出会いがない!と悩んでるあなたにはじめに読んでほしい記事はココ!

初めて仕事帰りに居酒屋へ飲みに行ったデートのこと

デート内容

今回のデートは今までやっていない、初めて仕事帰りに待ち合わせをして飲みに行くという内容でした。

Jさんが土日に家族との予定があり、会えないとのことだったのでその代わりに平日の帰りに食事に行こうと言ってくれました。
仕事帰りのデートは今まではお見合いも含め、週末の土日休みに会ったことしかなかったのですごく新鮮な気分でした。

待ち合わせが夜というもの初めてなので何だか大人のデートの感じでした。

 

またいろいろと私の中では話の進展があったので、そのことも含めてお話します。

 

スポンサーリンク

金曜の夜なのでなかなかお店の予約が取れず

Jさんは食事に行くと決めていれば必ず予約を取っておいてくれる人でした。

この部分も私とまったく考え方が同じなのでいいなと思っているところでもあります。
行き当たりばったりでどうにかしようと考えるタイプではなく、しっかり調べて行動する、計画的なところは私にとってはとても合っていました。

Jさんが「ずっと洋食系だったので、今回は和食でいきたいと思っているのですが。」と言っていたので私も良さそうなお店を提案していきました。

しかし都内のお店で直前に金曜の夜に予約をしようとしても、人気店や評価の高いお店はどこも空いてなくなかなか予約が取れませんでした。
Jさんがいろんなところに電話してくれたのですが、本当にどこも空いておらず・・・。

結局Jさんが以前に会社の人と行ったことがあるという海鮮系の普通の居酒屋に決まりました。

 

メイク道具を会社に持参

今まで休みの日にしかJさんと会ったことがなかったので、その時は家でしっかりメイクをして、身だしなみや服装をしっかり整えてから出かけていました。

実は私、普段はあんまり化粧っけがなく、会社へもそんなにしっかりメイクをしていくタイプではないのです。

しかしプロフィール写真の撮影のために行ったスタジオでメイクさんに婚活用のメイクについて聞いてると、やはり普段私がしているよりもかなりしっかりメイクをしなければいけないとアドバイスされました。

なので普段よりかなりしっかりとメイクでお見合いやデートには臨んでいました。

Jさんと会う日だけいきなりしっかりとしたメイクを会社にしてきたら回りの同僚達に驚かれてしまうので、私はメイク道具を一式を全部持って会社に行きました。

その日だけ、やたらと荷物が多くなってしまいました・・・(笑)

そして会社が終わったら一番入り口に近いトイレでファンデーションやら、チークやら、ハイライトやら、マスカラやら普段していない部分のメイクをしっかりと施して、同僚に会わないようにとこっそりと会社を出ました。

 

会社帰りのデートは私にとって、結構大変な作業となりました・・・。

 

スーツ姿は5割増し

駅で待ち合わせをして会ったのですが、仕事帰りだったので当然ですが、Jさんはスーツ姿で登場しました。

Jさんのスーツ姿はお見合いの日以来ですが、あの時は初めてで会話に集中していたので服装にまで目がいかなかったため、正直どんなスーツだったかは覚えていません。

結婚相談所でのお見合い体験談⑩~笑顔で話しやすい男性~
前回のIさんとのお見合いを早々に切り上げた私は、同じ日に続けて予定されていた次のお見合いの場所まで移動しました。 次のお見合い相手となるJさんも私の方からお見合い申し込みをしてOKいただいた男性でした。 自分の婚活における市場価値に見合ったゾーンに絞った婚活戦略的申し...

 

スーツ姿は普段と比べて何割か増しだって言われますよね。

Jさんの普段の服装が結構地味であまり服のセンスがある方ではないと実は思ってたりします。
(でもこだわりはなさそうなので、いずれ私が洋服のチョイスをしてあげたいなと思っています)

そういう人のスーツ姿を見ると、普段の5割増しでステキに見えてしまいました。

 

お互いの良いと思うところを伝え合えた

予約したお店はいわゆる普通の居酒屋さんで会社の飲み会などやっているテーブルもあり、かなりワイワイとにぎやかな雰囲気のお店でした。

Jさんは「こんなお店しか空いてなくてすみません」と申し訳なさそうにしていましたが、私は変に高級そうなところよりも普通の居酒屋(と言ってもチェーン店ではない)の方がコスパも良くて好きなので気になりませんでした。

先週のもんじゃの時と同様に、最初にお互いビールを頼んで飲み始めました。

お刺身の盛り合わせを頼んだのですが、何でも好きなお魚を選べるとのことなので私はサーモン、Jさんは白身がいいということで真鯛を、あとは店員さんのお任せでお願いしました。
しかし「その組合せだと値段が上がってしまう」と店員さんに言われてしまい、(だったら何でも選べるとか言わないでほしいw)迷ってしまいました。。。

Jさんが「そしたらサーモンだけお願いしてあとはお任せでいいですよ」私の好きなものを優先してくれました。

本当に優しいなぁ~とまたキュンとなってしまいました。

結局店長さんが融通を効かせてくれたみたいで、希望のネタを全部入れたお刺身盛り合わせを持ってきてくれました。
そのことに「やったぁ~」と二人でテンションが上がってしまいました。

こういうちょっとしたことに同じようなリアクションが取れたり、テンションが上がったり、同じような感想が持てるってすごくいいですよね。
自分ひとりでラッキー!とか思ってても、相手が冷めてたら全然楽しくないですもん。

 

女性は共感してほしい生き物なのでやっぱりそこは同じような気持ちでいてもらいたいものなんです。

 

こんなこともあり、楽しくてお酒も進んでしまったのですが、その途中で今までのデートの話やお見合いでのことを話すきっかけがありました。

初めて会ったお見合いの日はとても緊張していたみたいで、あまりうまく立ち回れなかったと打ち明けてくれました。

私はすごく淡々としている印象をその時は受けたので、ただ緊張していただけだったんだぁ~とここで初めて納得しました。

そこで私が「いつもお店も予約してくれるし、いろんなところを知っていてプランを立ててくれますよね」といつも思っていることを伝えました。
するとJさんが「せっかく会うんだから、予約したりするのは当たり前ですよー。最初はどうしたらいいか緊張していましたよ。でももね子さんはいつも感想を言ってくれるし、思っていることを言ってくれるからすごくそこがいいと思っている」と思っていることを言ってくれました。

Jさんは何を考えているかわからない人が苦手みたいです。
そういうのも結構わかるなぁ~と共感しつつ、「ああ、私のことをそんな風に思ってくれてたんだぁ」とJさんの気持ちが知れてうれしかったです。

 

前向きに考えていると初めて話してくれた

お店を出て駅に向かう前に、夜景が良く見えるビルの最上階にあるスペースに連れてってくれました。

いつも、本当によくこういったところを知っているなぁ~と思います。
もともと知っているのか、この日のために調べてくれていたのかはわかりませんが、毎回感心してしまいます。

そこでJさんが「今後のことについて真剣に考えているので、これからは結婚のこととか、もっと突っ込んだこととかを聞くようになると思うので、もし聞かれて嫌なことだったらそれは言ってください」と言ってくれました。

私も同じように前向きに考えているということを伝えました。

真剣交際に移行するという話まではいきませんでしたが、Jさんが真剣に前向きに考えてくれているということを知れただけで私からしたらどれだけ安心したことか。

 

これからはもっと結婚に向けた現実的な話が会話の話題になってくるかもしれません。

 

結婚の話も、Jさんとの仲もちょっとずつ進展していけるように、焦らずにこれからも引き続き気を抜かずがんばっていこうと思っています。(と、相談所のアドバイザーさんに指導を受けました)

 

 

合わせて読みたいおすすめ婚活記事はこちら!

 

 

 

コメント